恋愛を制する思考法

リアルナンパアカデミー11人逮捕。最低卑劣なナンパ集団の実態を知り、思うこと。

腹立たしい!!

 

どうも、モテ将軍です。

リアルナンパアカデミーって知ってますか?

いわゆるナンパを教える塾です。

 

このナンパ塾は塾講師、塾生含め、
計11人が警察に逮捕されています(笑)

容疑は準強制性交。

中にはもう判決が出ていて、
懲役7年の実刑が下されたりしています。

 

このナンパ塾の実態の情報を入手したので今回はそういう話をしていきます。

 

女性を奴隷のように扱う男がいかにクズなのか。
そしていかに不幸であるか。

 

逆に女性の幸せを考え、長期的な深い関係性を築ける男がいかに魅力的であるか。

そしていかに幸せであるか。

 

これがわかります。

 

では、本題。

 

一言で言うと、

ゴミすぎる!!

 

僕はこの事件を知ったとき、
一種の悪徳宗教と同じだなと思いました。

確かに逮捕された塾生は悪い。

でも一番の悪はこの塾を運営していた講師です。

 

あ、先に言っておきますが、
ナンパ自体に善悪はありません。

 

この塾講師は元々は真っ当なナンパ教材を作って売っていたそうです。

ですがあるときから利益を優先するようになり、ナンパの方法を均一化。

塾生がナンパでセックスしているという成功者例を沢山作りたかった。

 

成功者の声が沢山あればそれだけ参加したい人が増えて儲かりますからね。

 

結果主義、過程は問わない!

そんな方針のもとできたマニュアルは、

女性を奴隷のように扱い、
かなり強引にセックスまで持ち込むという方法。

はい。
犯罪マニュアルができてしまったというわけです。

 

「とにかくセックスまで持ち込む。」

ここを第一にして作られたマニュアルは卑劣なものでした。

 

ナンパした女性を
塾が所有するハウスという個室部屋に連れ込み、ゲームをする。

負けたらお酒を飲むというルールのもと。

男性が圧倒的に有利なゲームをして女性に飲ませまくる。

 

梅酒×スピリタス(度数96)のお酒は飲みやすくて酔わせやすい。

→こんなマニュアルもあったみたいです。

また睡眠薬を混ぜるなんてことも。。。

 

女性は意識朦朧となり泥酔します。

 

そこからセックスへと移行していくわけですけど、

犯罪になるかのラインは

「合意のもと性行為をしたか?」

です。

 

いきなり襲って無理やりセックスする。
→強制性交

お酒飲ませて泥酔させて無理やりセックスする。
→準強制性交

となり犯罪です。

 

合意を得ているという証拠を残すために彼らは撮影するという手口を使っていました。

泥酔状態の女性に

それっぽい言葉を投げかけとりあえず「うん。。」とか「はい。。」とかを言わせる動画を撮る。

その動画を都合のいいように編集でカットして保存。

 

これが「合意を得ていた」という証拠になっていたわけです。

 

 

それに女性に「この動画を流出させるぞ!」と脅す。

被害にあった女性はどこにも助けを求めることができないのです。

 

 

で、こういう一連の流れが全てマニュアル化されて塾として販売されていた。

「犯罪の技術」が堂々と売られていたのです。

 

この部分が非常に闇だなと感じます。

 

塾に参加し、
その手法でナンパをして逮捕された塾生を擁護することはできません。

でも全くの恋愛初心者が人生を変える思いでナンパ塾に参加するという経緯も多くあると思います。

それを考えたら心が痛みます。

 

何にもわからない人が
この犯罪的手法を正しいものとして捉えてしまうのも無理はありません。

 

逮捕者の中には21歳の夢ある大学生もいました。

彼の真意はわかりませんし、
彼を擁護する気持ちは一切ありません。

でも自分を変えるためにナンパをやり始めたのなら、「付いていく人」を完全に間違ってしまっていてとても悲しいことだなと感じます。

 

どれだけ努力しても、
付いていく人を間違えたら、
努力すればするだけマイナスになります。

 

例えば、
東京から沖縄に行きたい場合。

付いていく人が正しく、
適切な努力をすれば沖縄行きの飛行機に乗ることができます。

誰にも付いていかない場合、
つまり自己流の場合は徒歩で沖縄に向かうことに。

 

そして付いていく人を間違えた場合。

間違った知識のもと適切な努力をしたら、北海道行きの飛行機に乗ってしまうことになります。

目的地から最短最速で離れていきます。笑

 

 

これはスポーツでも例えられる。

僕はゴルフ大好きなのでゴルフを例に出すと。

 

間違ったスイングの仕方を教える人に付いていき、

その方法で死ぬ気で努力したら

「間違ったスイング」の型が身体に身についていきます。

 

練習すればするほどゴルフが下手になるという笑えない話。

 

 

人生において付いていく人の選び方はとても重要です。

正しい知識を教えてくれる人に付いていけば最短最速で結果が出ます。

 

僕が何事でもある程度の結果を出せているのはこれが大きい。

 

受験して早稲田に受かったときも、
正しい知識を持っている慶應生に付いていった。

恋愛を学んだときも、
正しい知識を持っているモテ男に付いていった。

起業したときも、
正しい知識を持っている起業家に付いていった。

 

正しい知識さえあれば、
あとは自分の努力次第で結果は出ます。

 

結果=正しい知識×適切な努力

です。

 

このナンパ塾のやり方では誰も幸せにならない

 

女性をモノのように扱う、
このやり方では誰も幸せになりません。

女性は飲まされ泥酔させられ、
初対面の男に無理やりレイプされ、動画を撮ったと脅される。

一生ものの傷が心についてしまうでしょう。

 

そしてこれをやる男側も一切幸せではありません。

射精する瞬間は確かに快楽を覚えるかもしれません。

 

でも好きでもないし好かれてもいない女性をお酒の力を使ったり、しょうもないテクニックを使ってセックスまで持ち込む。

行為後は、
相手を脅す。
そして訴えられる恐怖に怯える。

不幸の極みです。

 

嫌がられながらセックスをして楽しいでしょうか?

お酒、テクニックを全て取り払ったらその男に魅力はあるのでしょうか?

 

 

確かにナンパ塾と僕ではそもそもの目指す場所が違います。

 

ナンパ塾は女性をナンパしてセックスすることが目的。

 

僕は自身の魅力を高め、女性から特別視されるような人間的にかっこいい男になる。

これが目指す場所です。

 

(↓僕が目指すのはこの世界↓)

あわせて読みたい
彼氏持ちの女の子に「結婚しよ」と言われた話。一人の女性と深い関係を築くことの大切さ。どうも、モテ将軍です。 今回の記事は女性と深い関係性を築く大切さについて話していこうかと。 薄っぺらい関係性、 ワンナイトだけ、女...

 

根本が違うのであれですが、
女性と短絡的な関係を築く”それ”は不幸の極みだろ?

って思います。

 

女性の”穴”を突破するために
色々なテクニックを多用し、
餌に群がる豚のように女性を追いかける。

 

あなたがなりたいのはこういう人間ですか?

 

 

違いますよね。

 

自分という大きな存在がいるだけで女性に追っかけられる。

女性が衝動的にあなたを求め、
「唯一無二の特別な男」とあなたを特別視する。

 

そんな人間的魅力溢れる器の大きい男になりたいと思っているはずです。

 

ONE PIECEでいう冥王シルバーズレイリーのような。

「なんだこのカッケーおっさん!」と誰もが思うようなそんな男。

 

スパンダムのように親から受けついた権力や地位を傲慢に使い、人望ゼロの最低卑劣なクズ男。

(スパンダム知らなかったらごめんなさいw)

 

レイリーのような男は、
人望があり、ファンから認められ、最高に幸せであるはずです。

 

それに対してスパンダムのような男は、

部下をモノのように扱うので人望が一切なく、ファンから嫌われ、最高に不幸であるはずです。

 

人間には承認欲求というものが本能にあるので、

レイリーみたいな魅力的な男が幸せであるということは自然の摂理です。

 

人間的にカッケー男になる。
モテはその副次的効果で自然にやってきます。

 

では、ナンパ塾講師、生徒が逮捕された事件の実情を聞き、こんなことを思ったという話でした。

 

あわせて読みたい
夢は1年で100億以上動かすNissyを超える人間的魅力を手に入れることどうも、モテ将軍です。 最近、ブログ読者さんやメルマガ読者さんからこんな質問をいただきます。 「モテ将軍さんの夢や最終目標ってな...

 

 

 

P.S.

ナンパ自体を否定しているわけではありません。

僕はナンパ師さんの方々で尊敬している人が何人もいますし、人間的魅力溢れるすごい方も沢山います。

 

でも中には、
酒で酔わせて無理やりセックスするとかいう最低卑劣なナンパ師がいるのも現実です。

それは悪であることは間違いないので否定していきます。

 

 

P.P.S.

関連記事です。

あわせて読みたい
経験人数を自慢してる奴らは女性に特別視されていないという現実こんにちは、モテ将軍です。 突然ですが、 僕はクソみたいなナンパ師が大嫌いです。 素晴らしい考えを持っているナンパ師もいま...

電子書籍のプレゼント+モテ将軍の至高の恋愛メール講座(無料)

僕は大学2年の春に童貞を卒業し、
今に至るまで経験人数は50人を超えました。

現在は一人の彼女と幸せに過ごすことができています。

 

ですが元々モテていた訳ではないです。

ルックスもブサイクで、
身長は学年一のチビ、
根暗コミュ障、
オナ猿で自信ゼロ。

過去のコンプレックスをあげたらキリがないです。

19年間、女の子と話すどころか、
男友達すらロクにいませんでした。

本当に人生がつまらなかった。

 

でもそんな僕でも「変わってやる!」と決意をして、恋愛を勉強し自分の魅力を高めていったら、たったの1ヶ月で童貞を卒業することができました。

 

恋愛を学ぶことで人生の質もどんどん上がっていき、今は毎日濃密な日々を過ごしています。

 

その経験から、
たとえ今モテていなくても、
適切な知識をもとに勉強すれば誰でもモテるようになると確信しています。

 

現在、恋愛を無双し、人生を謳歌できる人を増やすために

1000円のAmazon書籍「非モテ卒業の教科書」を無料で読めるキャンペーンを行なっています。

→期間限定「非モテ卒業の教科書」を無料で読んでみる

 

メールアドレスを入力すれば、受け取れます。

 

また書籍を受け取った人限定で、
至高の恋愛メール講座に参加することができます。

もちろん無料です。

この無料のメール講座だけで
童貞を卒業したり、経験人数が10人まで増えた人がいます。

テクニックではなく、生涯使える恋愛の本質に絞って配信しています。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。 

もしこの記事が役に立った!と思われたら、
SNS等でシェアしていただけるとすごく喜びます。
(すぐ下のボタンからシェアできます)