モテ将軍の物語

彼女と美食巡りする幸せな日々。

どうも、モテ将軍です。

最近は彼女と美食巡りを楽しんでいます。

 

僕はかなりの美食家です。
(→自称ですがw)

実家が飲食ということもあり、
幼い頃から”食”に携わってきました。

 

父の他社研究のために、
外食三昧の日々を子供ながらに送っていました。

週5で外食でしたね(笑)

これをいうとかなり羨ましがられますが。

 

名古屋を中心にお店を回りまくり、
時には三重や岐阜、静岡にもふらっと飯のためだけに行っていたりしていた次第でございます。

 

東京へ上京しても美食巡りは一人でし始めました。

非モテ時代は、
彼女どころか男友達も全然いなかったので基本一人です笑

 

でもモテるようになってからは、
女の子と一緒に行ったり、
仲のいい友達と行ったり、
誰かと美食を食べにいくことが多くなりました。

やっぱ一人より誰かいた方が絶対に楽しいです。

 

で、最近は彼女と美食巡りを沢山しています。

 

会うってなったら絶対美食を食べに行きます。

というかもはや美食が中心ですね笑

 

美食リストという僕独自のリストを作成しています。

こんな感じで。

引かないでくださいね(笑)
美食専用の発信も今後していけたらなと密かに思ってます。

 

恋愛と食はかなり密接に関わっています。

女性と会うってなった時には高確率で”食”を交わってきますから。

 

不味いお店や華のないお店しか知らなかったり、美味しいお店を全然知らない状態だと恋愛においては不利に働きます。

いろんな種類で美味しいお店を知っていたりすると、それだけデートにも幅が出て、女性を楽しませることにつながります。

 

勘違いしていただきたくないのは、
高ければいいとかではないということです。

 

よく「デートで女性を落とすにはなるべく高いお店に連れて行った方がいい!」とか言われていますけど、あれは全くの嘘です。

値段はどうでもよくて、
大事なのはそのお店を選んだ理由や背景です。

 

これを知らない人がものすごく多い。

 

高いお店を選んで、
数万円を奢ったのにも関わらず、
女性にフラれてしまう。

 

こんな男性が多いのも”高ければいい”という間違った知識が身についてしまっているからです。

 

 

僕は値段はあまり気にせず、
お店として面白いかどうかを判断基準にお店を選びます。

内装や演出、料理などのお店独自の世界観が面白いところによく行きますね。

美味しいというのは大前提ですけども。

 

 

軽く僕の好きなお店を紹介すると、

「リゾットカフェ東京基地」

渋谷。

変わった個室があって面白いです。

 

「ま〜さんの家」

渋谷。

半熟ハンバーグが美味しいお店です。

 

「創作お茶漬け専門店 だよね。」

六本木。

一風変わったお茶漬けが食べられるお店です。

 

 

今は美食を一緒に食べれる彼女や女友達、大切な仲間が大勢いるのでものすごく楽しいですが、昔のことを思い出すと涙が出てきます。

冒頭でも言いましたが、
昔は基本的に一人行動でした。

一人でも入りやすいところがメインになっていたのでだいたいラーメン系のお店。

レパートリーもあまり広がらず、
一人黙々と食べて家に帰宅する。

今と比べたらとてもつまらなかったなと思います。

 

店員「何名様ですか?」

僕「あっっ、一人です。。。」

店員「(こいつ一人来てやがるよww)」

 

非モテ時代は根暗でネガティブだったということもありますが、こんな悲しいことも想像したりしていました。

 

 

食は「誰とどんな空間で食べるか?」で味が変わりますね。

一人で細々と悲しく食べるより、
大切な彼女と楽しく食べた方が味の受け取り方も変わります。

 

恋愛学んで非モテ脱出して、
モテるようになって本当に良かったなと思います。

 

幸せな性生活、幸せな食生活、そこから生み出される良質な睡眠。

三大欲求を満タンに満たすことができるようになりました。

 

恋愛という軸から、
人生の質がどんどん高まっています。

 

昔はモテないし、
自信ないし、
根暗コミュ障だし、
ネガティブだし。

とひどかったので、
昔と比べると今は別人です。

あわせて読みたい
経験人数50人超えてるけど、昔はモテない、自信ゼロ、キモい、友達いない、人の悪口大好きのゴミ人間だった こんにちは、モテ将軍です。 初めましての方もいると思うので、 軽く自己紹介を書きます。 僕は今、「恋愛」を教える仕事をしています...

 

変わるために頑張れて本当に良かったなと思います。

では。

電子書籍のプレゼント+モテ将軍の至高の恋愛メール講座(無料)

僕は大学2年の春に童貞を卒業し、
今に至るまで経験人数は50人を超えました。

現在は一人の彼女と幸せに過ごすことができています。

 

ですが元々モテていた訳ではないです。

ルックスもブサイクで、
身長は学年一のチビ、
根暗コミュ障、
オナ猿で自信ゼロ。

過去のコンプレックスをあげたらキリがないです。

19年間、女の子と話すどころか、
男友達すらロクにいませんでした。

本当に人生がつまらなかった。

 

でもそんな僕でも「変わってやる!」と決意をして、恋愛を勉強し自分の魅力を高めていったら、たったの1ヶ月で童貞を卒業することができました。

 

恋愛を学ぶことで人生の質もどんどん上がっていき、今は毎日濃密な日々を過ごしています。

 

その経験から、
たとえ今モテていなくても、
適切な知識をもとに勉強すれば誰でもモテるようになると確信しています。

 

現在、恋愛を無双し、人生を謳歌できる人を増やすために

1000円のAmazon書籍「非モテ卒業の教科書」を無料で読めるキャンペーンを行なっています。

→期間限定「非モテ卒業の教科書」を無料で読んでみる

 

メールアドレスを入力すれば、受け取れます。

 

また書籍を受け取った人限定で、
至高の恋愛メール講座に参加することができます。

もちろん無料です。

この無料のメール講座だけで
童貞を卒業したり、経験人数が10人まで増えた人がいます。

テクニックではなく、生涯使える恋愛の本質に絞って配信しています。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。 

もしこの記事が役に立った!と思われたら、
SNS等でシェアしていただけるとすごく喜びます。
(すぐ下のボタンからシェアできます)