恋愛を制する思考法

文系なのに彼女がいない。劣等感を感じるあなたがするべき3つのこと

どうも、モテ将軍です。

文系なのに彼女がいないことで劣等感を感じているあなたへ。

 

きっと、
文系は女の子が多いので「彼女がいないなんてやばい!ww」と笑われてしまうことがあるのかもしれません。

 

僕自身、文系で元々は彼女いない歴=年齢の非モテ童貞でした。

 

「お前文系のくせに。。」
と周りからバカにされまくって辛かった記憶があります。

 

「うるせー、周りに女子がいてもモテない奴はモテないんだよ!」とキレていましたが笑

 

今回は恋愛コンサルタントとして活動する僕がそんな劣等感を感じるあなたがするべき3つのことを解説していきます。

 

文系なのに彼女がいない。劣等感を感じるあなたがするべき3つのこと

劣等感を力に変える

 

劣等感は力に変えたほうが人生得します。

 

そもそも劣等感とは、、

劣等感

→自己の欠陥,弱点等を意識し,自分が他の人よりも劣っていると感じる否定的な感情。

 

  • 俺はあいつよりモテない。
  • 俺はブサイクだから、、、
  • 俺はチビでコミュ障だから。。。

などという否定的な感情が劣等感ですね。

 

人は誰しもが何かしらの劣等感を抱えています。

 

「キムタクみたいなイケメンだったらなー。」

と男は誰もが望むものです。

 

僕自身、様々な劣等感を持っていました。

 

まずは顔面がブサイクという点。

そのせいでモテないと憎み、
親や神、イケメンを妬みまくっていました。

 

また、身長が低いという点。

ずっと学年一のチビだったため、
劣等感の塊でした。

 

それにコミュ障であることも。
コミュ力高い人達と自分の能力の差にいつもうんざりしていました。

 

 

ただある時気づいたのは、

変えられない部分で劣等感を感じるのは無意味なのでは?ということです。

 

 

例えば、顔面は大きくは整形しないと変えることができません。

身長も変えることはほぼ不可能でしょう。

 

そういう部分をいくら妬んでも、
どうせ変えることができないので妬み損です。

 

自分が傷ついて終わりという。。。
ただの自爆ですね。

 

だからこそ僕は、

変えられない部分に着目するのではなく、
変えられる部分をできる限り努力して変えていこうと思い始めました。

 

服装や清潔感、会話スキル、髪型、身体つきなどは後天的にいくらでも変えることができる部分です。

 

そもそも逸脱なイケメンに対して、顔で勝負を挑むのは馬鹿らしいです。

負けるに決まっています。

 

イケメンに勝ちたいなら顔以外の部分で勝てばいいのです。

 

そのために変えられる部分を努力して変えていく。

その姿勢がとても大事なんじゃないかなと。

 

 

もちろん変えられない部分も良く見せようとする姿勢を持つことは大事です。

 

例えば顔でも、
メンズメイクや顔マッサージでイケメンに近づくことはできます。

 

身長に関しても、
猫背を治したり、靴にインソールを入れることで少しで身長を高く見せることはできます。

 

良く見せる努力は必要ですが、
絶対的に無理な部分は潔く諦めて他の部分で勝負すれば良くね?

と思います。

 

そして、

劣等感こそ力の源になります。

 

あいつよりできない、優れていない。

 

だからこそ!

見返してやろう!

 

その気持ちこそが自分を変えていく力の源になります。

 

僕は劣等感を力に変えれたからこそ、
非モテからモテる男に変わることができました。

 

(↓元々はゴミ人間です↓)

あわせて読みたい
経験人数50人超えてるけど、昔はモテない、自信ゼロ、キモい、友達いない、人の悪口大好きのゴミ人間だった こんにちは、モテ将軍です。 初めましての方もいると思うので、 軽く自己紹介を書きます。 僕は今、「恋愛」を教える仕事をしています...

 

 

恋愛を1から学ぶ

 

恋愛はセンスとか才能とか運などと言われますけどそれらは全て嘘です。

 

恋愛は完全なる知識ゲーです。

 

知識さえあれば、
ゲームを攻略するように恋愛関係を攻略することが可能です。

 

現状がどれだけ恋愛初心者でも、
どれだけ顔に自信がなくても、
どれだけコミュ障でも。

 

”恋愛”を学びさえすれば、
彼女を作ることなんて簡単ですし、女性経験もどんどん増やしていくことができるでしょう。

 

僕はモテないことに劣等感を感じていましたが、

その劣等感を行動の源にし、
恋愛を1から学んだからこそ、

たった1ヶ月で彼女を作り童貞を卒業することができ、経験人数を50人まで増やすことができました。

 

 

恋愛は、
学んだ男がモテまくり、
学ばない男は全くモテない世界です。

 

ある意味、残酷ですね。

 

女性経験を増やし、モテスパイラルへ

 

恋愛をしっかりと学べば、
彼女を作り、童貞を捨てることはいとも簡単に達成できるでしょう。

僕は1ヶ月でした。

僕の教え子では3週間で童貞を捨てた人や1ヶ月で童貞を捨てた人もいますが、だいたい平均3ヶ月以内には童貞を捨てることができています。

 

恋愛を学んだ先に待っているのは、
モテスパイラルの世界です。

 

 

女性は動物本能的に

モテる男のことを好きになります。

(モテる男=強い遺伝子である社会的証明がなされているため。)

 

つまりモテる男はさらにモテまくるということ。

 

一度このモテループに入れば、
その後の人生で一生恋愛に困ることはなくなるでしょう。

 

自分好みの美女とセックスしたり、
可愛い彼女とディズニーデートしたり、
温泉旅行に行ったり。
セフレをたくさん作ったり。

 

モテるというのは本当に楽しい世界なので、この世界に憧れを抱く方は是非恋愛を学ぶことをお勧めします。

 

僕が無料で運営している恋愛を学べる環境があります。

今までの沢山の恋愛強者を作ってきているので興味があれば是非。

→至高の恋愛メール講座(無料)

 

モテるようになると人生の質が高まる

 

最近は経験人数を増やすことに興味がなく、一人の大切な彼女と深い関係を築くことに注力していますが、本当に人生の質が高まりました。

 

彼女と美食巡りをして楽しんでいます笑

あわせて読みたい
彼女と美食巡りする幸せな日々。どうも、モテ将軍です。 最近は彼女と美食巡りを楽しんでいます。 僕はかなりの美食家です。 (→自称ですがw) 実家が飲食とい...

 

モテなくて希望ゼロ、
人生に絶望していた過去がありますが、

ここまで人生変わるんだなと自分でも感激しています。

 

それもこれも恋愛を学んで女性関係がうまくいくようになったことがきっかけです。

劣等感を力に変えることができて本当に良かったなと今では思います。

電子書籍のプレゼント+モテ将軍の至高の恋愛メール講座(無料)

僕は大学2年の春に童貞を卒業し、
今に至るまで経験人数は50人を超えました。

現在は一人の彼女と幸せに過ごすことができています。

 

ですが元々モテていた訳ではないです。

ルックスもブサイクで、
身長は学年一のチビ、
根暗コミュ障、
オナ猿で自信ゼロ。

過去のコンプレックスをあげたらキリがないです。

19年間、女の子と話すどころか、
男友達すらロクにいませんでした。

本当に人生がつまらなかった。

 

でもそんな僕でも「変わってやる!」と決意をして、恋愛を勉強し自分の魅力を高めていったら、たったの1ヶ月で童貞を卒業することができました。

 

恋愛を学ぶことで人生の質もどんどん上がっていき、今は毎日濃密な日々を過ごしています。

 

その経験から、
たとえ今モテていなくても、
適切な知識をもとに勉強すれば誰でもモテるようになると確信しています。

 

現在、恋愛を無双し、人生を謳歌できる人を増やすために

1000円のAmazon書籍「非モテ卒業の教科書」を無料で読めるキャンペーンを行なっています。

→期間限定「非モテ卒業の教科書」を無料で読んでみる

 

メールアドレスを入力すれば、受け取れます。

 

また書籍を受け取った人限定で、
至高の恋愛メール講座に参加することができます。

もちろん無料です。

この無料のメール講座だけで
童貞を卒業したり、経験人数が10人まで増えた人がいます。

テクニックではなく、生涯使える恋愛の本質に絞って配信しています。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。 

もしこの記事が役に立った!と思われたら、
SNS等でシェアしていただけるとすごく喜びます。
(すぐ下のボタンからシェアできます)