恋愛を制する思考法

完璧主義を捨てることがモテへの第一歩

どうも、モテ将軍です。

僕がどうやって非モテからモテる男に成り上がってきたのかな〜。って考えたときに「完璧を求めなかった」というのがあります。

 

ある種、適当というか、
不完全な状態でも女性に対してど直球に攻め続けていました。

 

なんか非モテで結果でない人の多くって完璧主義に陥っている人ばかりな気がします。

 

  • 完璧に女性心理を覚えてからじゃないと!
  • 完璧に好意を持ってもらってからじゃないとデートには誘えない!
  • 完璧な写真を用意しないとマッチングアプリはできない!

的な。

 

なんでも完璧にしてから始めようとする人が多い印象。

 

僕はこれとは真逆で、
不完全でもとにかく前に進み続けました。

 

女性心理なんて全然わからない時から、
女性にアタックしまくりましたし、

むしろ嫌われてるんじゃないかという女性もデートに誘いましたし、

めっちゃかっこ悪い写真だけでマッチングアプリもやってました。

 

もちろん失敗しましたよ。
でも僕は失敗するたびに同じだけ成長していきました。

 

「あー。こんなこと言ったら女性に嫌われるんだー。」

とか

「なるほど。この写真じゃ全くマッチングしないのか。」

 

とか失敗から学びまくって成長しました。

 

 

本来は失敗は成長につながる大チャンスな訳ですが、

完璧主義に陥っている人間は、
失敗=悪だと捉えている場合がほとんどです。

 

「完璧に成功しないとだめ。」
という固定概念が強いのでいつまでたっても行動することができないのです。

 

別にいいじゃないですか。
ダメ元でもやってみれば。

と思います。

 

失敗しても誰も見てませんし、
実はあんまりダメージ無いですからねw

 

完璧を追い求めてもろくなことありません。

 

  • 適当だけどとりあえず前に進む人
  • 完璧にしてからじゃないと前に進めない人

だったら圧倒的に前者の方が成長していくスピードは早いです。

 

もちろん適当に進んで失敗して、
それを放置してたら全く成長しませんが。

 

ちゃんと学びながら進めば、
とりあえずやっちゃうタイプの人間の方がうまくいくんです。

 

 

水泳が上手くなりたいとしたらまず何しますか?

 

泳ぎ方を教科書で必死に勉強しますか?
どういう体の使い方をすればスピードが出るかを生物学的観点から学びますか?

 

いや、そんなことしないですよね。

 

水泳上手くなりたいなら、

とりあえず水につかる。
で、とりあえず泳ぐ。

 

ここから始まると思います。

 

 

恋愛も同じです。

髪型のセットの仕方とか最初は全然わからないのが普通です。

 

ゆえにとりあえずワックス買って、
慣れない手つきでつけてみる。

 

で、変な髪型になるw
でもそこからなんどもセットを練習することでだんだん感覚をつかんでいけるんです。

 

大事なのは完璧主義をやめて、
不完全な自分を認めることです。

 

失敗する自分を肯定してあげましょう。

このマインド大切です。

では。

電子書籍のプレゼント+モテ将軍の至高の恋愛メール講座(無料)

僕は大学2年の春に童貞を卒業し、
今に至るまで経験人数は50人を超えました。

現在は一人の彼女と幸せに過ごすことができています。

 

ですが元々モテていた訳ではないです。

ルックスもブサイクで、
身長は学年一のチビ、
根暗コミュ障、
オナ猿で自信ゼロ。

過去のコンプレックスをあげたらキリがないです。

19年間、女の子と話すどころか、
男友達すらロクにいませんでした。

本当に人生がつまらなかった。

 

でもそんな僕でも「変わってやる!」と決意をして、恋愛を勉強し自分の魅力を高めていったら、たったの1ヶ月で童貞を卒業することができました。

 

恋愛を学ぶことで人生の質もどんどん上がっていき、今は毎日濃密な日々を過ごしています。

 

その経験から、
たとえ今モテていなくても、
適切な知識をもとに勉強すれば誰でもモテるようになると確信しています。

 

現在、恋愛を無双し、人生を謳歌できる人を増やすために

1000円のAmazon書籍「非モテ卒業の教科書」を無料で読めるキャンペーンを行なっています。

→期間限定「非モテ卒業の教科書」を無料で読んでみる

 

メールアドレスを入力すれば、受け取れます。

 

また書籍を受け取った人限定で、
至高の恋愛メール講座に参加することができます。

もちろん無料です。

この無料のメール講座だけで
童貞を卒業したり、経験人数が10人まで増えた人がいます。

テクニックではなく、生涯使える恋愛の本質に絞って配信しています。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。 

もしこの記事が役に立った!と思われたら、
SNS等でシェアしていただけるとすごく喜びます。
(すぐ下のボタンからシェアできます)