恋愛を制する技

【悲報】恋愛テクニックを学んでも一生モテるようにはならない

どうも、モテ将軍です。

今回はアホみたいに恋愛テクニックを学んでも全然モテない方に向けて記事を書いていきます。

(過去の僕もそうでした。)

 

恋愛テクニックを学んでも結果が出ないのには明確な理由があります。

それについて解説していきます。

 

 

 

恋愛テクニックをいくら学んでも全然モテ男の世界にいくことができない人は機能的価値と感情的価値という概念を理解していない場合が多いです。

 

女性と関係性を深めていく上では機能的価値・感情的価値というものは非常に重要な概念になってきます。

 

 

「ん??」
「価値とかなんやねんそれ。」

 

はい。解説します。

 

機能的価値は何かと言うと、
たとえば「カラオケに行く」のように●●をすることという機能的なものに価値を感じることです。

 

・カラオケに行く。
・ご飯を食べる。
・映画を見る。
・ドラマを見る。

 

これらのことに価値を感じるのは総じて機能的価値と言います。

 

恋愛のテクニックはこの機能的価値を重視して作られているものが非常に多いです。

 

たとえば、

「どうやってカラオケに誘い出せばいいのか?」
などが恋愛テクニック本などではよく語られています。

 

 

でもいくらカラオケに誘うのが上手くなったってモテません。

 

なぜモテないのかというと、
「どうやって誘うか?」という一点にしか重きが置かれていないためです。

 

 

「デートに参加した女性がどんな感情的価値を感じるか?」

を一切無視していることに大きな問題があります。

 

恋愛テクニックしか知らない人は、機能的価値のみでどうにかしようとします。

 

つまりカラオケにいきたいと思ったら、カラオケの魅力を頑張って女性に伝えるのです。

 

で、そういう風に誘い出したがゆえに、いざカラオケに誘い出せたとしても次のステップに進めないのです。

 

いきなりキスをしようとしても、

 

「は?いきなり何?そんなつもりないんだけど。。」

と言われ、最悪の雰囲気になってしまうんですよね。

 

そうなってしまったらもうその女性との関係はかなり絶望的になります。

 

 

なぜこの現象が起きてしまうのかというと、
「感情的な側面に焦点を当てられていないから」です。

 

つまり感情的価値を意識していないから。

 

この感情的価値を抑えることがかなり大事なのですが、じゃあ感情的価値ってなんですか?って話ですよね。

 

でもその前に、

機能的価値でアプローチすることでなぜダメになってしまうのかを解説していきたいと思います。

 

 

機能的価値のみでアプローチしていく場合、どうしても毎回新しい魅力を女性に伝えていく必要があります。

 

  • カラオケに行きたかったら、カラオケの魅力を。
  • ボーリングに行きたかったら、ボーリングの魅力を。
  • ドライブに行きたかったら、ドライブの魅力を。

 

毎回、魅力を伝えて、
女性と遊ぶための理由づくりをしなければいけないのです。

 

これってしんどいですよね。

 

それに女性が「カラオケ行こ!」といい、男性が「やっぱボーリングいこ!」とか言ったら、「え?カラオケのが楽しいって言ってたじゃん!!」みたいな喧嘩が起こってしまう可能性もあります。

 

また機能的価値で勝負する男は他の男と差別化できませんし、

女性にとってあなたという存在はいつでも他の男と代用可能な存在になってしまいます。

 

だってカラオケなんて他の男行っても楽しいですし、別に”あなた”と行くメリットが女性はないので。

 

なので本当の意味では全然モテないのです。

 

 

ゆえに感情的価値からのアプローチが非常に大事なのです。

 

 

では感情的価値でアプローチをかけるとはどういうことでしょうか。

 

たとえば、

「楽しいことしてストレス発散しようぜ!」
と言い、女性にアプローチをかけることは感情的価値からの攻め方です。

 

「楽しいことしてストレス発散しようぜ!」
→じゃあカラオケいこ。

「楽しいことしてストレス発散しようぜ!」
→じゃあご飯いこ。

「楽しいことしてストレス発散しようぜ!」
→じゃあ映画見にいこ。

 

などこんな感じです。

 

デートの内容とか行動とかはどうでもいいんです。

 

フォーカスすべきは「楽しいことしてストレス発散しよう!」という感情の部分です。

 

こういう価値観を女性に植え付けることができれば、どんな方面からの誘い方でも通るようになります。

 

機能的価値からだと一つの方向からしか攻められなかったのに、感情的価値からだと多方面から攻めることができるのです。

 

「感情的価値からアプローチすること」
って何をしているかっていうと、

簡単にいうと「伝えたい価値観の教育」ですね。

 

「俺と遊べば楽しいよ!!」
ってことが相手に伝わっていれば、

 

どんなデートにも誘い放題です。
女性はデートする魅力をわかっているのでホイホイついてきます。

 

また「素直になった方が得する!」という価値観を女性に伝えていれば、

→誘われたら素直に来た方がいい。
→好きなら好きって言った方がいい。

などと女性を動かすことができます。

 

機能的価値だけだと、
自分は他の男となんら変わりのない存在になってしまいます。

 

たとえ年収1000万円で威張っていても、
年収5億の人が来た瞬間、蹴散らされるでしょう。

 

自分より機能の面ですごい人は世界中にいくらでもいるので勝ち続けるのは難しいし、絶対にいつか負けてしまうんです。

 

ではなくて感情的価値で勝負すれば、
あなたは女性にとって唯一無二の存在になります。

 

あなただからカラオケに一緒に行くし、
あなただからご飯も一緒に食べたいと思うんです。

 

今回話したことはかなり本質です。

 

薄いテクニック学ぶよりも、こういう本質を身につけた方が圧倒的に成果を出すのは早くなります。

 

僕は非モテ時代、安い本を読みまくり薄っぺらいテクニックばっか身につけましたが全然非モテから脱出できなかったという苦い過去があります。

 

 

「デートの誘いは何通目が心理的にいいのか?」

とかそういう小手先のテクニックを頑張って勉強していましたねw

 

懐かしいw

 

そんなのどうでもいいんです。

 

大事なのはもっと本質を学ぶことだし、機能的価値より感情的価値を使って女性にアプローチをしていくことです。

 

本質を抑えた上で、
テクニックというものは活きてきます。

 

まず学ぶべきなのは本質。

 

これ覚えておいてください。

では!

電子書籍のプレゼント+モテ将軍の至高の恋愛メール講座(無料)

僕は大学2年の春に童貞を卒業し、
今に至るまで経験人数は50人を超えました。

現在は一人の彼女と幸せに過ごすことができています。

 

ですが元々モテていた訳ではないです。

ルックスもブサイクで、
身長は学年一のチビ、
根暗コミュ障、
オナ猿で自信ゼロ。

過去のコンプレックスをあげたらキリがないです。

19年間、女の子と話すどころか、
男友達すらロクにいませんでした。

本当に人生がつまらなかった。

 

でもそんな僕でも「変わってやる!」と決意をして、恋愛を勉強し自分の魅力を高めていったら、たったの1ヶ月で童貞を卒業することができました。

 

恋愛を学ぶことで人生の質もどんどん上がっていき、今は毎日濃密な日々を過ごしています。

 

その経験から、
たとえ今モテていなくても、
適切な知識をもとに勉強すれば誰でもモテるようになると確信しています。

 

現在、恋愛を無双し、人生を謳歌できる人を増やすために

1000円のAmazon書籍「非モテ卒業の教科書」を無料で読めるキャンペーンを行なっています。

→期間限定「非モテ卒業の教科書」を無料で読んでみる

 

メールアドレスを入力すれば、受け取れます。

 

また書籍を受け取った人限定で、
至高の恋愛メール講座に参加することができます。

もちろん無料です。

この無料のメール講座だけで
童貞を卒業したり、経験人数が10人まで増えた人がいます。

テクニックではなく、生涯使える恋愛の本質に絞って配信しています。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。 

もしこの記事が役に立った!と思われたら、
SNS等でシェアしていただけるとすごく喜びます。
(すぐ下のボタンからシェアできます)